かまりょの30代をカッコよく生き抜きたいBlog

かまりょの30代からのキャリアアップblog

20代後半~30代のキャリアについてや、30代に入ってからもカッコよくいれるよう、日々試行錯誤しています。ブログを通じて、自分が良いと思ったことや興味のあることなど、自由気ままに情報発信していきます。

20代で転職回数4回って転職に不利?29歳転職4回の経験から語るリアルな意見

f:id:kamaryooooo:20180708195957p:plain

「転職してやるー!!」

会社で働いていると辛いこととか逃げ出したくなることってありますよね?

私も、よくありました。

 

転職をする際に考える理由としては、ポジティブな理由やネガティブな理由など、人によってさまざまだと思います。

 

今現在、転職をしようかどうか悩んでいる人も多いかと思いますが、転職の『回数』って自分が多いのか少ないのか気になりませんか?

実際に転職回数が多くても転職は可能なのかどうかも気になるところだと思います。

 

そこで、今回は20代のうちに4回転職を経験している私の経験をもとに、実体験をもとにお話させていただきます。

1.20代転職回数の平均

 20代の一般的な転職回数はどれくらいでしょうか?doda の転職回数別の転職成功率の数値を見てみると、転職回数が2回を超えてくると、転職回数0〜1回の人と比べて、半分くらいまで成功率が下がるようです。

 

いろいろな転職会社で統計を取っているようですが、平均すると「1回」程度の転職回数が平均値のようです。

 

中には、2〜3回転職をしている人もいますが、4回以上となってくると少数のようです。

私の転職回数はレアな部類になるみたいですね。

 

2.転職回数が多いと転職に不利?

 それでは、転職を多く重ねていると転職はできないのでしょうか?

 

答えは、半分YESで半分NOです。

 

応募する職種や業種によっては、書類すら通らないところもあるでしょう。

 

ただ、業界によっては全然チャンスはあります。

実際、私は20代のうちに転職を4回していますが、書類も通過しましたし、内定を獲得して無事働くことができていました。

 

30歳になってからも転職に成功し、合計で5回転職をしています。

もちろん、書類で不採用になるケースも増えてくるのは肌で感じましたが、諦めなければ可能性は大いにあると思います。

 

ある程度、書類選考は通りにくくなると最初から理解しておけば、対処もできます。

書類選考の通過率を上げる方法も合わせて行うことで、多少の不利はカバーできます。

 

Web系であれば、未経験でもチャレンジできる環境を準備している会社も多いので、オススメです。

 

 

3.転職回数が多くても、妥協しない方が良い理由

 転職回数が増えてくると、どうしても行動するのに二の足を踏んでしまいますよね?

私も、転職回数が5回になると、少し後ろめたい気持ちもあり、躊躇してしまうことがありました。

 

ただ、絶対に転職するんだと腹を括って転職活動を行うことで、1ヶ月かからないうちに内定を獲得し、無事転職をすることができました。

 

転職をするのもしないのも、決断するのは自分自身にはなりますが、転職したいという明確な気持ちがあるのであれば、たとえ転職回数が多くても転職をするべきだと私は思います。

 

理由は、下記の3点になります。

 

3−1.長期的視点で見たメリット

長期的にみると、たとえ転職回数が多くなってしまっても20代のうちに自分がやりがいを感じられる仕事を見つけた方が、年齢を重ねてからの仕事の幸福度が上がると思います。

 

 例えば、大企業に勤めたとしても、自分のスキルに自信を持つことができずいつ首を切られるかわからないより、規模が小さくても自分のスキルで会社に価値を提供できる人材の方が魅力的だと思います。

 

そういった人材になれれば、会社に依存せずに自分の力で食べていけるようになるでしょう。

 

 

3−2.20代で妥協した際のデメリット

20代のうちは、受かる受からないは別にして、無数の求人数がありますが、年齢を重ねるごとに求人の数は減ってくるものです。

 

なぜなら、20代の若手の方が活躍してくれる期間が長かったり、会社の色に染めやすいといった扱いやすさがあるからです。

 

40代以降になってくると、よほど自社のニーズに合致しない限りは 転職は難しくなってくるでしょう。

 

管理職系やハイクラス人材であれば求人数はあるかもしれませんが、ごく一部の人にしかニーズはないでしょう。

 

3−3.活躍できる環境が別にあるかもしれない

たとえ、今いる環境で活躍できていないからといって、自分が仕事ができないとは限りません。

 

むしろ、自分の可能性を見出してあげるのは自分自身しかいません。

 

「諦めたそこで試合終了ですよ」 という言葉に象徴されるように、自分を一番信じてあげられるのは自分しかいないので、活躍できる環境に移るというのもキャリアの中で考えてみてもよいでしょう。

4.安易に転職回数を重ねるのは選択肢を少なくする

 ただ、安易に転職活動を繰り返してしまうと、自分自身のキャリアの選択肢を少なくしてしまうことになります。

 

ただ、職を転々としている人を企業が採用したいと考えるでしょうか?

 

私も最初の2社はWeb系ではなかったのですが、3社目以降はWeb業界に軸足をおいて、転職を重ねてきました。

 

環境が嫌だから辞めるというのがもし心の中にあるとしても、転職をする際にはプラスな部分に目を向けて活動することをオススメします。

 

例えば、「◯◯を実現するため」とか、「今の会社では実現できないことをやるために」などです。

これを明確に答えられるようにするためには、とくかく考え抜くしかありません。

 

日本人は、テストの点数で評価されてきたので、転職活動でもマニュアルや答えを探しがちですが、自分の考えや進退については、自分自身で考え抜いて答えのない中で進むべき道を決めるしかありません。

 

選んだ道を正解にしていくのも、自分の作業です。

 

5.転職回数が多いと不安なら、転職エージェントに相談してみる

 とは言っても、自分一人ではわからないこともあります。

 

自分の市場価値とか、客観的に見た評価についてはわかりません。

 

そんな時は、一人でもんもんとせずに、転職エージェントを活用しましょう。

 

Web業界でのキャリアを形成したいのであれば、【シンアド】 がオススメです。【シンアド】 では、Web業界の独占案件も多く保有しているだけでなく、ヒアリングをもとに本人のためになる提案をしてくれます。

 

私も以前に、大手の転職エージェントを活用した際に、希望とは全く異なる案件を紹介され、そこで内定を獲得して入社してしまい、半年で辞める経験をしていますが、本人のためにならない案件は紹介しないというスタンスの【シンアド】 であれば、ミスマッチは起きにくいと思います。

 

まとめ

 転職回数が多いと、心理的には転職活動をしにくいかと思います。

 

ただ、自分自身が本当に納得のキャリアを歩んでいるのか、チャレンジする余地はないのかは、あなたにしかわかりません。

 

諦めなければ、可能性は誰にでもあります。

 

人生かっこよく!
頑張っていきましょう!