かまりょの30代をカッコよく生き抜きたいBlog

かまりょの30代からのキャリアアップblog

20代後半~30代のキャリアについてや、30代に入ってからもカッコよくいれるよう、日々試行錯誤しています。ブログを通じて、自分が良いと思ったことや興味のあることなど、自由気ままに情報発信していきます。

30代前半で転職しても大丈夫?実体験をもとに解説します

こんにちは、かまりょです。

30代の方で転職を検討している方は、「30代の転職って不利」というのをどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

私も、30歳になってから転職をしましたが、実際に転職活動をする前はとても不安でした。

29歳のうちに転職しときたいなと思っていましたが、気づいたらようこそ30代になっていました。

実際、30歳になってから転職に成功しましたが、実感として転職活動は比較的スムーズに進められ、1ヶ月ほどで内定をもらうことができました。

今回は、30代前半で実際に転職を成功した私の実体験をもとに、どのように転職活動を進めればいいのかを考察していきたいと思います。

30代で転職は不利なのか

 まず、30代での転職が不利なのかというと、結論としてはケースバイケースであると言えます。

どういうことかというと、30歳を過ぎてからの転職であれば、20代の時よりも即戦力が求められるということです。

 

20代であれば、企業側も未経験の人でも教育して育てようとなりやすいですが、30代であればよっぽど人材に困っている企業以外は即戦力を期待するのが一般的です。

 

あなたがもし企業側の人事担当だとしたら、どういう30代の人を採用したいかと考えてみると、わかりやすいのではないでしょうか。

 

ここまで見ていただいた方の中には、「なんだ、30代の転職ってやっぱり不利なのか」と感じた方もいるかもしれませんが、そうとは限りません。

 

私は逆に、20代半ばで行なった転職活動より楽に転職先を見つけることができました。

 

なので、攻め方次第では決して不利ではないのです。

30代の転職に資格は必要か

 30代の転職に資格は必要かというと、必ずしも必要ではありません。

 

持っている資格よりも、「何ができるのか」という部分が重視されます。

 

どれだけ立派な資格をいくつ持っていても、業務で役立たなかったら意味ないですよね?

 

ただ、業務に役立つ資格を取得して業務での実績を作ってから転職というのはありだと思います。

 

私も、資格取得して業務での専門性を高めてから転職をしたことで、次の職場でも即戦力として活躍できています。

 

30歳を過ぎたら、自分自身の人生により責任を持って、どう攻めていけば企業に魅力を感じてもらえるかということを徹底的に考えてみましょう。

 

最短で転職したいのであれば、資格を取っている時間すら勿体ないかもしれませんので、そこは自己判断でいいかと思います。

30代の転職の進め方

30代の転職の進め方として、必ず仕事を続けたまま転職活動をしてください。

なぜなら、転職活動がすぐに終わるとは限らないからです。

 

もし仮に転職活動が長期化したら、お金はどんどんなくなってしまいますよね。

 

なんらかの収入源があるなら話は別ですが、普通の会社員の方は必ず仕事を確保した状態で転職活動をしましょう。

 

「仕事しながらなんて無理」 と思うかもしれませんが、意外と19時以降でも面接してくれる企業はあります。

 

残業続きで毎日終電で全く休みも取れないという人は流石に厳しいかもしれませんが、このご時世そんなブラック企業も減ってきていると思います。

 

勝負所で有休を活用すれば、より効率的に転職活動を進めることも可能です。

30代でも未経験の職種に転職できるか

30代から未経験の職種に就くのは正直ハードルが高めですが、それでもOKというような募集をしている企業もあります。

 

書類選考の時点で落とされる確率が高まることは覚悟しておきましょう。

 

しかし、書類選考に通過したということであれば、この人材は面接で会ってみる価値があると判断されたのですから、自信を持っていきましょう。

 

30代から未経験職種の転職にチャレンジする場合、やる気だけでアピールするのは正直難しいかもしれません。

 

現状の仕事や今までのキャリアの中で、どういう点が生かせるのかということを自分なりに考え、伝えることが必要になります。

 

ここは、自分自身の今までの業務内容を振り返り、自分で答えを見つけるしかありません。もしくは、頼れるパートナーに相談してみるのもいいでしょう。

30代の転職に必要なパートナー

30代の転職を成功させるためには、頼れるパートナーを見つけることが大切です。

 

 おすすめなのは、転職のプロに相談することです。

 

いくつか、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

 

マーケターの転職に強いエージェントなら「シンアド転職エージェント」

シンアドは、広告やマーケティングなどの職種に特化したエージェントです。

徹底したヒアリングをもとにキャリアの提案をしてくれるので、一度無料相談に行ってみると悩みも解決するかもしれませんね。 

 

【レバテックキャリア】

レバテックキャリアは 、よりIT・Webに特化したエージェントです。

Web業界でキャリアを積むことができれば、将来食いっぱぐれる可能性が低いのでおすすめです。

Web業界では将来的には独立の道もあるので、自由度も上がると思います。

現状のキャリアでどのような求人があるのか、一度無料で相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

【DMM WEBCAMP】

未経験から本気でWeb系のキャリアを積みたいなら、プログラミングのスクールに通うこともおすすめです。

サポート体制も厚く転職保証もされているので、サービスの満足度もとても高いスクールとなっています。

一生涯使えるスキルを身に付ければ、転職市場でも引く手あまたですし、企業に属すのが億劫な人はいずれ個人でやっていくためにスキルを身に付けてもいいですね。

 

まとめ

ここまで、30代の人が転職できるのかどうかについてみてきました。

本気で取り組むことができれば、早期転職も可能だと思います。

今の環境を変えるためには行動するしかありません。

まずは、勇気を出して一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?